トップページ > 白髪染め 部分 >  白髪染め 部分

白髪染め 部分

GUM11_CL08005.jpg
白髪というのは、部分的に発生してくるものです。
生え際や分け目など白髪があるとたとえ1本だけであってもすごく目立ってしまうものです。

白髪は頭皮から生える時点で、すでに白髪となっていることが多く
その周辺から白髪が増えるようになってきます。

それが余計に目立つようになりますので、
早めに対処しておきたいものです。

そこで、白髪を部分的に染めるアイテムと
染めるテクニックを紹介したいと思います。


column01_img_01_02.jpg
ちなみに!
ご存知でしたか?

みんなが白髪染めに望むのは、『第一位 使用方法が簡単』というデータがあります。
『第二位は、髪が傷まない』とのことです。

このデータは、『部分染め専用の白髪染め』を使った人たちがアンケートに答えた内容になっています。


白髪混じりの髪の毛をうまく染める部分染めのコツとは?


column03_img_01.jpg
髪の毛がすべて白髪なら、簡単に髪を染めることが出来ます。
でも、生え際など部分的に白髪を少しあるため簡単に染めたいという気持ちが沸いてきます。

そのため、手軽にすぐに染まる白髪染めがないかドラックストアなどで
安くて、素早く、簡単に白髪を染めることが出来る部分白髪染めを探してしまいます。

でも、そういった白髪染めというのはなかなか見当たりません。
白髪染めを少し使うという形で、自分で分量を調節して染めなければなりません。

ただ、そうした使い方をすると1剤と2剤を別々に保管するため
あとで使うことが出来ません。

使えるかも知れませんが、やはり一度開封してしまっているため
白髪染めとしては劣化してしまうのです。

部分染め専用の白髪染めがあれば、楽ですよね?

市販品で部分染めの製品として人気があるのは、CMでよく放映している
『ブローネ泡カラー』、『シエロ ヘアカラーEX』、『サロンドプロ ワンプッシュ泡のヘアカラー』、『ビゲン香りのヘアカラー』の4つ白髪染めになります。

これらのパッケージは、テレビでお馴染みでしょうし、ドラックストアでもよく見られる白髪染めだと思います。

特に今、泡で染めるタイプが人気があります。

髪がよく染まるイメージがあり、楽に染まるという感じがしますよね。

値段も、1000円以下で買うことが出来ます。

安いところで買えば、400円代で買うことも可能です。

しかし、先ほど申し上げたように一度使ってしまうと商品が劣化してしまうため基本的には使い切りタイプの白髪染めになってしまいます。

これらの製品が、使い切りとなってしまっては、部分的に白髪が見えては染めて、見えては染めてを繰り返すと、トータルコストとして結構な金額となってしまいます。

安く買ったとしても、400円×月4回使用するとすれば=1600円もかかります。
結構バカにならない金額となってしまいます。

さらに、市販の泡タイプの白髪染めは髪がパサパサになりがちです。
ですから、月に4回くらい染めているとその部分だけ髪質が変わってしまいます。

GUM14_CL09013.jpg
こうした白髪染めを使うとなると、髪がパサパサにならないように、ヘアトリートメントやヘアパックなどの製品を用意する必要が出てきます。

お値段は、さらに加算されます。

こうなってしまうと、月に何千円もかかる計算になりますよね?
これなら、美容院にいけばよかったとなってしまいます。

美容院であれば、値段は高くつきますが、楽でキレイに髪を傷めることなく染めることが出来ます。
ただ、月1万円弱はかかります。

年間で10万円以上はかかってしまいます。

『髪を傷めず』、『キレイに染められて』、『少しでも安くしたい』、『手軽で簡単にしたい』という4つの願望は叶わずじまいに終わってしまいます。

でも、これに近い優れたアイテムがあるのです。
あなたが知らないだけで、世の中には秀逸なものというのは探せばあるものです。

その部分染め専用の白髪染めなら、コストも安く、キレイに染まり、簡単に染めることが出来ます。

すべての要件を満たす『部分染め専用の白髪染めはこちら



次に、優れた白髪染めが見つかれば→キレイにうまく染めるテクニックが必要となります。


下の写真を参考にして、キレイに染める手順を習得してください。

※部分的に髪を染める場合は、タマゴ大の泡を2から3個分手にとってください。



※そのまま、乾いた髪のままでいいので染めたい部分に泡を馴染ませてください。



※髪に馴染んできたら、5分から15分程度放置してください。そのままの体勢で待機になります。



※時間がきましたら、洗い流してください。洗い流す時は、シャンプーやトリートメントを使ってもOKです。


このすべての要件を満たす『部分染め専用の白髪染め』であれば、この手順だけで驚くほどキレイに簡単に染まってしまいます。

白髪染め特有のあの嫌な臭いもしません。
ですから、場所や時間帯を気にすることなく、あなたが染めたいと思ったタイミングですぐに部分染めをすることが出来ます。




このページのトップへ↑

 | トップページ | 
  • 白髪染め特集